FX口座の人気基準とは

■取引高で調べる人気口座
FX口座の人気は、単にネット上の評判だけでは知ることは出来ません。
そこで基準とするのが「一定期間内の取引高」という事になり、ここではフォレックスマグネイト社調べの2012年上半期(1月-6月)の取引高から人気口座を比較してみます。
取引高の多い口座というのは利用者の多い口座に等しく、利用者が多いという事は人気も高いということで、人気の基準としては非常に妥当なものとなっています。

テクニカル分析が苦手な方でも簡単に予測が出来る

FXトレードフィナンシャル 未来チャート

チャートの分析というのは過去の値動きを参照し、今までにどのように動いてきたかを見ることでこれからの値動きがどうなるかを考えるものです。
FXトレードフィナンシャルの「未来チャート」では、現在のチャートの形と過去の似た形を自動分析し、今後の値動きが上がるのか下がるのかを簡単に予測できる初心者にも人気が高いツールとなっています。
値上がり、値下がりどちらの場合も一目で分かるパーセンテージ表示もありますので、他のテクニカル分析との併用だけでなく、未来チャート単独での取引の判断材料とする事も出来ます。

業界初となる「1分足」にも対応したFXTF未来チャートは、口座開設者であれば無料で使えるツールとなっており、口座開設をする前に登録不要でリアルタイム体験版を使用することも出来ます。
まずは体験版を触ってみて、気に入るようなら口座開設をしてみると良いでしょう。
FXトレードフィナンシャルの口座開設はこちらから

人気の高い口座をしっかりと比較

■2012年上半期の取引高とランキング(単位は十億ドル)
1位GMOクリック証券(取引高:1,975)
2位:FXCM(取引高1,854)
3位:Saxo Bank(取引高:1,534)
4位外為オンライン(取引高:1,414)
5位DMMFX(取引高:1,337)

5位までのうち、国内業者が1位、4位、5位と日本の業者のレベルの高さが伺える結果となっています。
2位と3位は外資系口座となっており、日本法人などもありますがスプレッドなどでは国内業者に負けるためにここでは紹介しておりません。

■世界で最も使われている国内の業者
FX人気口座比較 GMOクリック証券上のランキングは、日本国内の取引高ではなく、世界中での取引高です。
ちなみに、レバレッジ規制が入ってから国内の業者が取引高で世界第1位になったのは初めての事で、いかに凄い事かがわかると思います。
では、その人気の秘密はどこにあるのか、これら人気国内口座とその他の人気急上昇中の口座を含めて紹介していきます。
どれも優秀な業者ばかりとなっており、優れたポイントもそれぞれありますので、自分にあったものや求める口座があれば口座開設の申込をしてみると良いでしょう。
口座開設も口座維持もお金は一切かかりませんので、あまり深く考えずに気になる口座は開設して実際に触ってみて、自分に合うかどうかを確認してみる事も大切です。

国内上位3口座の簡単な比較

■国内人気上位3口座の簡単な特徴など
各業者、各口座の詳しい比較は左メニューから見れますので、詳しく知りたいという方は目を通しておいて下さい。

FX人気口座比較 GMOクリック証券原則固定の低スプレッドが魅力の人気No.1業者です。
米ドル円0.4銭、ユーロ円0.7銭、ポンド円1.2銭、豪ドル円1.0銭!
世界No.1の取引高だからこそ出来る超低スプレッドと安定性の両立
FX取引だけでなく1,000円からと少額取引も可能な「外為OP」も
初心者から上級者まで、使って分かる選ばれ続ける人気口座の理由
公式ホームページ、口座開設はこちら>>GMOクリック証券

FX人気口座比較 外為オンライン安定性を重視するならドル円クロス円4桁表示業者です。
余計な桁がない分だけ余計な値動きも少なく、確実な取引には最適。
ドル円やクロス円は00.00円のような4桁、ドルストレートは5桁表示
スプレッド競争が激化する中で、安定性重視の4桁表示の人気は非常に高い
スワップポイントは高い部類に入るため、スイングトレードにも使える優秀口座
公式ホームページ、口座開設はこちら>>外為オンライン

FX人気口座比較 DMM FX常に業界最狭水準のスプレッドを意識している低コスト口座。
現在は原則固定ドル円0.3銭、豪ドル円1.0銭と超低コストに。
GMOクリック証券といつもスプレッドを競い合っており、現在のスプレッドは同じ幅に
初心者にも使いやすい取引ツールも用意されており、はじめてのFXでも安心
キャンペーンも豊富に開催されており、普段の取引が一段とお得に
公式ホームページ、口座開設はこちら>>DMMFX

inserted by FC2 system