FX口座開設の手順 FX業者のお部屋

口座開設に必要なもの

FX取引を始めるためには取引用の口座をFX業者で開設しなければなりませんが、そのときに必要となるものをまとめておきました。
特に難しいものは必要なく、非常に簡単なものとなっております。

【必要なもの】
・本人確認書類(免許証や保険証など)
・銀行口座(本人名義のもの)

以上2点で終わりです。
パソコンが必要だったりインターネット環境が必要だったりもしますが、恐らくこのページはパソコンからインターネットを通じて見ている方しかいないと思いますので省きました。

口座開設申し込みをする

必要なもの2点が揃ったら口座開設の申し込みをしましょう。
自分が気に入ったFX業者を見付けたら、FX業者のホームページ上から「口座開設申込」のような所をクリックします。
色々な確認などもありますが、目を通して必要事項の入力に移ります。
名前や住所、生年月日などのほかに勤め先などの入力などもありますが、自宅や勤め先への電話連絡などは基本的にありません。
投資経験や予定資金などの入力欄もありますが、多いから良いとか少ないからダメというのでなく、一種のアンケート的なものなのであまり深く考えずに入力して下さい。

入力が全て終わると本人確認書類の写しの提出となりますが、多くのところはメールを使った画像での送信でも可能となっています。
案内通りのメールアドレスやフォームから、デジカメや携帯電話やスマートフォンを使って本人確認書類をしっかりと撮影し、添付して送信しましょう。

ここまでで入力などに問題が無ければ、通常1営業日から2営業日で口座開設申請結果がメールで届きます。
フリーメールを使っている場合は、迷惑メールフォルダに入っていないか確認するようにしましょう。

inserted by FC2 system